【1限めはやる気の民法(1)】よしながふみ|感想

 

”違う 俺は違う
違う 違う

違うのに何でこんな
動揺すんだよ
いつもそうだ 昔から・・・”

 

おもしろい!
何度読んでもおもしろい!

1巻は、
大学生の日常なんだけど
大人への階段の苦しさと
まだ少年の純粋さ。

重くならずに描かれている
ゲイと認める葛藤。

 

すべてが、もう戻れない
まぶしかった学生時代に
織り込まれてます。

いやー、ほんと素晴らしい!
超ひさびさに
★★★カテゴリーに入れました!

 

1限めはやる気の民法(1)

[著]よしながふみ

 

素晴らしい!
卒業間際のふたりの別れの夜なんて
あたしの鼓動もうるさかった!

ドキドキして、
キュンキュンと締め付けられて
青春の終わりの苦しさと・・・

とってもいいコミック。
大好きなドッグスタイル
ベストを争うくらい好きかもーー

■内容紹介(あらすじ)
良家の子女が集う名門・帝能大学で、田宮は藤堂と出会った。現役司法試験合格を目指す田宮と、付属高出身でちゃらい男の見本みたいな藤堂。正反対の二人だが、ちょっと奇妙な友人関係が結ばれ……。よしなが流キャンパス・ラブ!
via: 電子貸本Renta!

 

先ほど書いたドッグスタイル
なんだけど、
こちらの「1限めはやる気の民法」も
表紙、サンプルともに
絵がそそられずに読まず嫌い。

でも、ほんとに読んでよかった、
そんなBL漫画。
選んで偉いぞ!あたし!(笑)

 

1巻は、藤堂と田宮の出会いから
大学卒業までの大学生時代の話。

まだ大人にはなれてなくて
だからといって子どもでもない。

 

そんな彼らが、
人生や性癖を悩み、認め
どんどん成長していきます。

そして、共に成長しながら
二人の関係が築かれていく。

 

成長物語としてもおもしろい!
でも、もちろんそこはBL。
ボーイズラブ!

キュン★だってあります(*´∇`*)ウフ

 

でも、漫画や小説特有の
あまーいキュンではなく
リアルにドキドキと心臓を打つ
緊張と羞恥の混じったキュン☆

ひさしぶりにBL読んで
本気でドキドキしました(笑)
いいかげん読みなれてきたと
思ってたんだけどねー。

田宮側の感情で同期してましたね。
最後のお別れ前夜はww

 

終わり方もとっても良かった!
藤堂も自分の道が見えてよかった!

そして、ほんとに読んでよかったー!

 

1限めはやる気の民法(1)

1限めはやる気の民法(1)

1限めはやる気の民法(1)

[著]よしながふみ

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。

 

2巻はふたりの社会人編。
ますます愛が深まって・・・な流れ。

でも、1巻だけでもしっかりと
大満足に読了できます。

気に入ったら
成長した二人のその後を
2巻で読んでみてね^^

 

 

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。