【愛しのドクターコート】梅太郎|感想

 

”今のことは何もしらない・・・

はじめてのひと
はじめて好きだと自覚して
はじめて ――― セックスしたひと・・・”

 

 

ヤ──(*ノзノ*)──ン

1チケキャンペーンで借りた
梅太郎サンの「明日、彼のベッドで。

おもしろくて夢中で全5巻制覇したら!

 

Σ(;゚ω゚)ハッ!!

梶クン×哲クンのファントムシリーズの
スピンオフがあるなんて!!!

 

って気が付いてしまったら・・・

読まないわけにいかないのでありましたw

 

■内容紹介
初めて好きだと自覚し、初めてセックスした、初めての恋人・梶(かじ)との別れから四年。哲(さとし)は研修医になっていた。これだけの月日が流れても梶の記憶は鮮明で、夢に見るほど哲の心を苛んでいる。そんなある日、先輩の九谷に連れていかれた店で、店長をしている梶と再会し……? その後のイノセント・ロマンス。
via: 電子貸本Renta!

 

お見合いをぶち壊して
哲くんを両親の目の前から強奪した梶。

そして想いは通じたはずなのに、
あれから彼らは別れていたんですね・・・

 

この【愛しのドクターコート】は
そんな彼らの別れから4年後の話。

 

二人ともファントムに支配され続けて。

 

特に元々人付き合いが苦手な哲クンは
昼も夜も梶のファントムがまとわりつき
その分仕事と勉強に没頭。

見ていて痛々しい。

 

でも、その没頭のおかげで
大事な【ドクターコート】を手に入れて
それの重要さを知り、誇りにも思えたんだと思う。

 

そして、もちろん4年経てば
学生、そして若いからこそ見えてなかった
梶クンの気持ちにも気が付くことができて。

ウン。
きっと今度はだいじょうぶ。

 

*****

千束サンも登場デス(*´∇`*)ウフ

 

梶クンに
「さっさと頭下げて戻ってもらえ」
と言う千束さん。

 

「あんたに何がわかる。
哲を手放したふがいない自分がイヤで
バイトもやめて、生活も変えて・・・」

とゴチャゴチャ言う梶クンに

 

「ああ わからんね。
俺ならはじめから手放さない」

 

と言い切る千束サン!!

ヤ──(*ノзノ*)──ン 素敵すぎる!!w

 

このヒトコトを聞くために
このコミックはあったのかも知れない(笑)

いいなー。波平クン(*´∇`*)ウフ

 

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。

哲クンは中身だけでなく
風貌も成長しましたw

ああああん。
あのころはかわいかったのになあw(遠い目)

 

*******

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。