【禁じられた体温】宗真仁子|感想

 

”ホモか・・・
たぶん俺はそうなんだと思う・・・”

 

 

はじめて読んだ作家さん。

ちょっと懐かしい。
ずいぶん前の少女マンガを
思い出すような画風のBLコミック。

読み応えありました(*´∇`*)

 

よかったです。
274ページの大作で315円。大満足。

 

■内容紹介■
「アナタのことが欲しくて欲しくてタマらなかった」――。ずっと好きだった兄の親友・森安と8年ぶりに再会した和希。刑事として活躍する森安に比べて、自分は昔の面影をなくし、男にいたぶられながらすさんだ生活を送る毎日……。それなのに、こんな俺を助けようと、森安サンから同居を持ちかけられて……!? 彼との穏やかな生活のなかで、少しずつ自分を取り戻していきたい――。でも、近くにいたら俺のイヤラしい妄想でアナタを汚してしまう…!! そんな時、別れたはずの男に突然――!?
via: 電子貸本Renta!

 

ずっと抱えてた想いは
吐き出し方によってつらいなー。

やっぱり投げやりになるかな。

 

短編集といっても274ページに4編なので
しっかりしてました。

他にもいくつか見つけたので
ちょっと作家読みしてみようと思います(*´∇`*)ウフ

 

禁じられた体温

禁じられた体温

禁じられた体温

[著]宗真仁子

 

同じ作家さんでも
他のコミックは結構コメディっぽいねw

 

*******

*******

ぎゃふん!
新刊だと800円もするんだ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。