HOME >>  短編 >

迷子*碗島子【感想】

迷子

迷子

迷子

[著]碗島子

まちこ→1チケ!
無期限(・v・*)ムフ♪

1チケです!
全35ページ。

すこーし怪談チック。
雰囲気楽しむ1チケですw

 

ちょっとミステリアスで
話の内容も
ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
色々はっきりさせたい!

 

って消化不良が若干ありますw
続き物の一片?的な。

 

*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエエエェェェ
こりゃねぇぜ!

 

って作品ではないし
1チケだから
(・v・*)ムフ♪付けてるけど

碗島子サンの1チケなら
断然「妄想男子」の方が
まちこはイイナ!

 

 

■内容紹介■~貸本レンタより~
【じき、痛みも疼きに変わる】「楽しませてくれよ、退屈してたんだ」 お盆の時期、山奥に住む友人・切次を訪ねた友田は、切次に誘われるまま山の中の無人の茶屋にたどり着く。そこで出された甘い水を飲んだ友田は急激にカラダに疼きを感じてしまい……?! 快感に溺れる真夏の白昼夢。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。