【三村家の息子】明治カナ子|感想

 

お前だって
人を身代わりにしただろうが・・・

お前と俺は同類なんだよ。

 

1チケキャンペーン
借りました(*´∇`*)ウフ

ありがたいねーw

 

三村家の息子

 

思ったよりどんより系。

 

想像していたのは・・・

「三村家」って言うくらいだから
格差恋愛的な。

時代も大正とか昭和初期とかで。

でも、家柄の格差ってのは
前面に出てこない流れでした。

■内容紹介■
田舎町の資産家、三村家の次男・弓と敏夫は幼なじみで親友同士。年頃になった敏夫は弓への恋心を密かに抱いていた。ある日、家出中の弓の兄・角と偶然接触した敏夫は、彼に誘われるまま深い関係になってしまい……? 友情と恋愛の狭間で揺れる思春期を描いた「三村家の息子シリーズ」。
via: 電子貸本Renta!

 

サンプルは冒頭ではなく
物語り中盤。

コミックは、いきなり
敏と弓の兄の角とのエッチシーンから。

なんだろうな。

 

(。´・д・)エッ
いきなりですか???

 

まだ心の準備も
アプローチもないんですけど的。

エッチだけのエロBL漫画
ってわけでもないけど
いきなり感は否めないねぇ。

 

でも、このどんより感。
2巻でどんな感じになるのか??
って興味がでるコミック。

2巻以降、
すっきりバカップルになってくれれば
好きなタイプのBL。

このまま後味悪く終わるなら
嫌いなタイプのボーイズラブコミック。

ってとこですな(*´∇`*)

 

***

他に短編が3本。

  • 「彼は独りで」
  • 「雨に酔う」
  • 「もしたられば」

 

「彼は独りで」はどんより。

どんより。どんより。
読後感悪いねぇー。

 

「雨に酔う」は、
どんより のち 晴れ。
読後感いいどんより。

朝日クンが岩井クンを
これからずっと大事にしてくれそうな予感。

 

「もしたられば」
どんより のち (´艸`)クスクス

良かったw
あーいう終わり方で。
ウン。よかったね。先生(笑)

 

三村家の息子

三村家の息子

三村家の息子

[著]明治カナ子

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。

 

全体的にどんよりめ。
カラッとしたのが好きだと
不向きと思われるー。

 

*******

*******

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。