【みちづれポリシー】北上れん|感想

 

”できるだけあいつと居たくて
嘘ばかりついている・・・

今は お前の気持ちを
信じられずにいるのを
黙っている―――――”

 

北上れんサンの代表作
ひとり占めセオリー」に出てきた
西島センセイと篠原サンが大学生の時のお話し。

ますます甘々デスw
大型わんこデスw

番外編の高尾×若宮のエッチが
本編の数倍エロいです(つω<*)イヤン♪

みちづれポリシー

[著]北上れん

 

10年間すでに続いてるってのが
最初に描かれているので
すんごい安心感で読めます。

ハッピーエンド大好き!
二人の愛は永遠に!が
好みのあたしには最高デス♪

 

■内容紹介
篠原がオカンのよーに世話を焼いている、トロくて甘いもの好きで子供な(ガタイはデカイ)男・西岡。二人は親友。でも篠原は、西岡のことを好きでたまらなかった……。「どうせ叶う望みはない」過剰に恋に臆病な篠原は、胸が痛んでも友人の顔をし続けていたのだが……? 人気CP高尾×若宮の番外編Hも収録!

via: 電子貸本Renta!

 

みちづれポリシーでほぼ丸ごと1冊!
読んだー!って充実感w

残り一編は、番外編で
ひとり占めセオリー」の
雨の日のエッチシーン(つω<*)イヤン♪

 

**
実は、あたしは

「ひとり占めセオリー」より
「みちづれ・・・」を先に読破。

で、エッチな番外編に驚いて
「ひとり占め・・・」に手を出しました。

番外編は、物語りっていうより
その後の彼らの
後日のバカップルHシーン。

なので、「ひとり占め・・・」を
読んでなくても

意味がわかんなーい!

とはならなかったデス。
(誰!?この人たち!とは思ったがw)
**

 

「みちづれポリシー」の
西岡×篠原のお話は、
彼らが恋人同士になってから

  • ゲイ篠原がノンケ西岡の愛を信じるまで
  • 当て馬登場で、さらに我が儘を言えるようになるまで

の二つがメイン。

 

最初に、その後
10年続いてることがわかってるから

彼らの関係性が深まるとことか
気持ちの移り変わりの過程が
引き立ってよかった(*´∇`*)

 

わんこの西岡よりも
付き合ってくと篠原のほうが
とってもかわいく見えるのー

乙女的かわいさじゃないんだけど
なんなんだろうなー、あれ(笑)

 

お友達の平野クン@ゲイが
最初のころ篠原のことを

「こんなにかわいいのに」

ってつぶやくんだけど
見る目あるわー(笑)

 

ハッピーエンド、甘々ストーリー
わんこ攻め好きには素晴らしい1冊w

みちづれポリシー

みちづれポリシー

みちづれポリシー

[著]北上れん

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。

 

二人の絆が深まった最後
篠原が、

「もう一回したい・・・云々」

って言うんだけど、
そこのシーンが好きデスww

 

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。