【むくわれたいな。】平喜多ゆや|感想

 

”あっちゃん
傍にいてくれるのは
うれしいけど

胸のざわめきは
病院でもらった鎮痛剤も
きっと効かない

どうすればいいのかな・・・”

 

小さいときから
とても仲の良かった
年の差いとこの恋物語。

かわいいお話し。

だから、うまく行った後
こんなエッチなことしてるんだー!
ってビックリしちゃいましたw
(/ω\)イヤン

 

むくわれたいな。

[著]平喜多ゆや

 

男同士な上に、
年の差があって、
教師と生徒でいとこ同士。

でも、そこの障害を
乗り越えるって話じゃなくて

それだからこそ、
今さら好きって言えない。
気が付いてしまったこの気持ち、
どうしよう・・・ってお話し。

 

あっちゃんが
今まで欲情を押さえつけてたのは
ほんとえらい!

 

 

■内相紹介(あらすじ)
いつも「先生」を好きになっては失恋してしまう、高校生の辰彦。大好きな従兄の篤杜は、辰彦の学校の教師で、辰彦が元気がないときには優しいピアノを弾いてくれる。実りのない恋の悩みを打ち明けるうち、いつしか恋愛対象として篤杜のことを好きになってしまった辰彦。でも、篤杜は従兄で、先生で……。
via: 電子貸本Renta!

 

高校生の辰彦は、
いつも失恋ばかり。

そして、
いとこのあっちゃんに
慰めてもらう日々。

でも、あるきっかけで辰彦は、
大好きな従兄の篤杜が
いとこだから好きなんじゃなく
男として好きだと気づいてしまう。

で、ふたりがくっついていくわけだけど、
あっちゃんはもうずっと前から
辰彦が好きなわけで。

 

いとこだから、
辰彦がちいさいから、
そして何より辰彦が大事だから

ずっとその気持ちを
抑えてきたわけで。

 

でも、ウブに見える辰彦。
一気にその気持ちを
乗り越えてこっち側に来ちゃった。

もちろんあっちゃんだって
そうくるなら応えるよねー。
ずっと想像してたもんねーww

 

辰彦って意外と大胆って思ったけど
よく考えたらさ、
今まで数多く失恋してるってことは
けっこう積極的にアプローチも
してきたんだよね、たぶん。

 

毎回言う前に
失恋ばっかって訳でもあるまいし。

 

その辰彦の積極性は、
ふたりが付き合いだしてからの・・・

いや、生徒と教師だし
あっちゃんは辰彦が大事だから
卒業式までキスだけの
清い関係だったんだっけ。

だから、卒業式を終えてからの
二人の求め方は
なんだかドキドキしちゃったw

 

今夜がその日ってわかってて
辰彦をアパートに呼ぶ
あっちゃんの電話も

そのための呼び出しって
気が付いてて部屋を訪れる辰彦も

なんだかこっちまで
緊張が伝染してきて(*´∇`*)

 

ウン。
全体通してかわいいお話し。
そして受けがかわいいけど
後ろ向きとか卑屈じゃないのがいいね。

 

むくわれたいな。

むくわれたいな。

むくわれたいな。

[著]平喜多ゆや

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。
高校を卒業して
大人になったふたりのシーン。

けっこうエッチで
なんか他人さまの見ちゃいけないもの
覗き見してしまってる感じで
(〃ノωノ)ハズカチィ

 

 

 

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。