【踊る月華】甘野有記|感想

 

古本屋の匂い。主計(かずえ)の黒髪と和服。 淫靡でしめった匂い。
もうBLはやめようと思うと必ずこういうすばらしいBLに出会うんだ。

 

 

■内容紹介■
章博(あきひろ)と主計(かずえ)は、兄弟のように育った従兄弟同士。両親から顧みられずに幼少期を過ごした章博にとって、主計は何よりも大切な存在だった。しかし成長するにつれ、その想いは激しい恋情となって、章博を苦しめる……。表題作ほか含む短編集。
via: 電子貸本Renta!

 

息苦しい時代。
いとこ同士な二人。

ただの日常だけど、章博と主計にとってはすごく大事な日常なんだろうな。読んでる側も息苦しくなってくる。
それと同時にふたりの秘密を一緒に共有してるような。

かずちゃん。
かずちゃん。

章博の愛が苦しい。

踊る月華

踊る月華

踊る月華

[著]甘野有記

 

サンプルの2ページめの二人の笑顔がずっと続くといいのに。
本家と分家。そして、この時代。苦しいな。

 

 

*******

*******

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。