【王子の箱庭】緒川千世|感想

王子の箱庭

王子の箱庭

[著]緒川千世

 

∑ヽ(*゚∀゚*)ノイイジャナーイ

 

まちこ大好きです!
こういうちょっと狂った
変態的愛情ものがたり。

 

監禁愛だけど、痛いことはしませんw
基本的に
甘やかし、デレデレとお世話をし
それで大満足ww

そんな執事の
ちょっと狂った愛の話で1編。

 

もう一編は、
学生寮での話。

こちらも少しだけシリアスな雰囲気を
かもしだしつつ
溢れるばかりの愛がゆえの行動。

そしてハッピーエンド。

 

ゎ☆━━ヽ(・∀・)ノ━☆ぃ!!

 

すきーーー!
こういうテイスト。

 

絵もね、きれいだしw
王子さまの正装なんて
ほんとぼっちゃんww

カフェでのバイトを希望した
執事の気持ちがわかるわ(笑)

 

王子の箱庭

王子の箱庭

王子の箱庭

[著]緒川千世

 

ウン!
全体的にまちこ好みでしたww

おもわず「変態的愛」っていう
タグ作っちゃったもんね(笑)

 

 

*******

*******

 

■内容紹介■~電子貸本Renta!より~
その日暮らしの譲は、かつてお金持ちの家のお坊ちゃんだった。住んでいた屋敷が、自分の世話係だった岩瀬のものになっていると知った譲は、ある日、岩瀬を訪ねる。今や注目の起業家となった岩瀬と8年ぶりに再会する譲。だが、岩瀬を騙して利用するつもりだった譲は、逆に岩瀬に捕らえられてしまうのだった。それが譲の監禁生活の始まりで……!?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。