【それは先生】進藤ウニ|感想

 

高橋先輩がいなかったら俺
ここでこうしていないな

この間「人生変えたの新田先生だけだ」て
思わず言ったけど
三沢先輩だって会わなかったら俺
教師なれてないかも

 

***
すばらしい!
ひさしぶりにこういう作品に出会いました!

BLだからこそ描ける
友情と尊敬と恋心の混じっている
ただ好きだ嫌いだだけではない気持ち。

こういう恋なのか友情なのか
尊敬なのか自分でもわからない感情と
わかってない自分の気持ちと向き合う物語り。

 

漫画のタイプは違うけど
DOGSTYLEもあたしが大好きなのは
たぶんそういうBLでしか描けない
自分でも消化できない気持ちを書いているから。

こういうコミックって
コミカルに描いていても
号泣してしまう場面があるんだよね。

 

今回もそうでした。
こんな絵(失礼!w)なのに
涙ボロボロ。

青春のあの日には戻れないけれど
あの日があるから
今の僕たちがあるのです。

 

それは先生

[著]進藤ウニ

 

みなさんのレビューも
高得点です。

あたしも1チケだから・・・
って読んだのに
結局チケット足して無期限に
アップグレードしました!

登場人物たちの恋は
ほとんどうまくいかないけど
きっとみんないい思い出になるんだと思う。

だってそこには
尊敬も友情も感謝する気持ちも含まれているから。

ザ・恋愛物語りとはいえないけど、
興味がある人はぜひ読んで欲しい。
予想を裏切るおもしろさでした。
(Hシーンはちょっとありますw)

 

■内容紹介(あらすじ)
築野宏司――新任教師・数学担当……にして元ヤン。学生時代の恩師・新田先生がいる、母校へ帰ってきたものの……大きな影響を受けて教師を志した、直接のきっかけが思い出せず――!? 先輩の養護教諭・三沢先生、成績優秀だった高橋先輩、双子の鈴木東と西、愛すべき教え子たち……さまざまなキャラが織りなす不思議な学園ドラマ!? 「チェンジ・ザ・ティーチャー」シリーズ、番外編まで含めて完全収録。ファン待望の初オリジナルBL! ……でもやっぱり、ウニワールド全開!!
via: 電子貸本Renta!

 

漫画のはじまりは
築野コージが新任として
母校である高校で紹介されるシーン。

ここで恩師の新田先生と再会するわけです。

つっけんどんな態度を
取ってしまうんだけど
実は覚えてもらっていて
ニヤけるコージ。

この先生と出会ったおかげで
高校になっても九九すらできなかった
コージはがんばって教師に。

尊敬なだけなのか、
憧れなのかラブなのか。

コージ自身も気づいてません。

 

このコージを中心として
高校時代に勉強を教えてくれた高橋先輩。
それから大学から良くしてくれる三沢さん。

他にも教え子の鈴木西・東の双子たち。

色んな登場人物たちが
色んな感情をみせてくれます。
とても繊細。そして共感。

 

こんなにメインキャラが出てくるのに
話が飛ばないし、すごく上手に絡んでる。

絵が最初苦手かなーって思ったけど
乙女なBL漫画じゃないから
逆にこういうタッチの方がしっくりきました。

 

せつなくて懐かしくて
当時の自分の気持ちが愛しくて。
これからの自分の未来が輝いてて。

素晴らしい!
大好きデス。こういうお話。

シュールなギャグ漫画なのかなー
って思ったけどぜんぜん違った!

笑いもあるし、ギャグ要素もあるけど
作者さんの繊細な気持ちの描き方に
あたしのハートも揺さぶられっぱなし!

 

ああああー。
あたしは青春時代に
こういう経験しなかったのかな。

誰かに影響をうけるとか
誰かに影響を与えるとか。

人生っていろんなことに感謝だねー。

 

それは先生

それは先生

それは先生

[著]進藤ウニ

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。
 

最後に、
高校のとき勉強を教えてくれていた
先輩の高橋君に新しい出会いがあって
とてもうれしかったです!

しかも、きちんとコージと向き合って、
自分の今の気持ち確認して、
俺が今好きなのはコージじゃないって。

ウンウン。よかった!

きっと誰もがこうやって
少しずつ大人になるんだよね。

 

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。