【チェリーなティーチャー】日向せいりょう|感想

 

”そ、そこ、
そんなにされた・・・ら

あっ、あなたを・・・

気持ちよく
できないじゃないですかぁ・・・!”

 

ヤ──(*ノзノ*)──ン
エッチさ満載デス。

 

ボクニヒツヨウナモノ
スピンオフですが・・・

断然こっちがおもしろい!

前作はデビュー作とのこと。
ぎこちない感じの
物語りの進み方が
今回はとてもスムーズ。

ウン。
愛されるって
。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚イィワァ。

 

チェリーなティーチャー

[著]日向せいりょう

 

今回はずいぶん肌色率が高いデスw
しかも、色んな体位での
エッチシーンが多い!

なんだか読んでるこっちが
恥ずかしいデス。
(/ω\)イヤン

 

■内容紹介(あらすじ)
父兄の信頼厚いスパルタ高校教師・小谷の唯一の悩みは童貞だという事。過去のトラウマのせいでSEXに臆病になってしまった。そんな彼の美しさに一目惚れした、赴任したての藤島先生が猛アピール。モテ男のくせに事ある毎に誘ってくる。小谷のチェリー、この男に食われちゃうかも?
via: 電子貸本Renta!

 

ボクニヒツヨウナモノ
スピンオフですが・・・

スピンオフだということは
忘れてくれて
だいじょうぶ!

あっちは読んでなくても
問題ありませんw

あたしは断然こっち派です!

 

チェリーなティーチャー

 

「藤島センセイ・・・」
「小谷センセイ・・・」

と呼び合いながら
エッチするシーンは
なんだか(〃ノωノ)ハズカチィ

 

なんなんでしょうねー。
背徳的な感じがするのかしら。

 

さきほどの内容紹介で、

”過去のトラウマのせいで・・・”

ってあるけれど、
ほんとにSEX恐怖症なの?

ってくらいすぐに
藤島と小谷はやらかします。
そう。付き合う前に。

 

(。・ω・)σネ
SEX恐怖症か疑問でしょ?(笑)

 

トラウマや、恐怖心を乗り越え
そんで二人がくっつく物語り。
そんなのを想像してたので
ビックリでした(笑)

早々にくっつくんだもん!w

 

でも、その後もずーっと
藤島せんせいが
小谷先生に寄り添って
愛をささやき続けます。

だんだんと可愛くなってくる
小谷先生が見ものデス(*´∇`*)ウフ

 

ラブラブで愛にあふれてて
エッチシーンも満載。

過去の暗さもなく
センチメンタルさもほとんどナシ。
とってもピンク色なBLコミック。

いい意味で期待を裏切られましたw
(ラブラブバカップル好きなあたしw)

 

前作で、この作家サンを敬遠してる方で
そういうのが好みの方は
この本はおすすめデス^^

 

ただし・・・
小谷先生にトラウマを作った男も
わざわざ題名にまでしている
「チェリー」なことも
本編ではまったく関係ない流れ・・・

むむむ???

そこに興味があって
手に取っちゃうと
かなり肩透かしかも!?

 

チェリーなティーチャー

チェリーなティーチャー

チェリーなティーチャー

[著]日向せいりょう

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。

 

絵がきれいデス。
前作よりずっとかっこいい!
スーツがとってもよく似合う!
大人の男がd(・∀・)イイ!!

 

攻めの藤島先生のアピールさと
受けの小谷先生の色気具合。

いいデス!
そして、何度も言うけど
肌色率が高い!

普段すかした感じの小谷先生。
彼が恥じらう可愛い姿の
エロさがよかったデスww

 

 

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。