【悪だくみにも花はふる】雨隠ギド|感想

 

”そばにいろよ
しばりつけるくらいでいいから・・・”

 

あああああ!
このシリーズも終わりデスねー。
さみしいなぁ。

大好きな鷹尾と譲の二人に
もう会えないなんてー!

でも、これ以上ない程の
ハッピーエンド。
さみしくても仕方ないよね。

。゚(゚*´Д⊂グスン

 

悪だくみにも花はふる

[著]雨隠ギド

 

シリーズの総仕上げです。

のそれぞれのカップルのその後が読めます。

 

びっくりしたのは、
鷹尾の浮気未遂相手の木島クンが
半分くらい主役で登場してきたこと。

こっちもよかったデス。

誰もかれもすっきりと
ハッピーエンドで素晴らしい!

 

■あらすじ
鷹尾が拉致されかけ、虎二の花屋が襲撃を受けた。
ヤクザである自分のせいではと考えた小太郎は、対応を巡って、虎二と初めての喧嘩をしてしまう。
一方、悩みごとがある様子の鷹尾が気になり、彼の愛を試したい誘惑に駆られる譲。
それに気づきつつ、何も語らない鷹尾の胸のうちは……?

「悪人を泣かせる方法」&「恋まで百輪」、
完全無欠のハッピーエンド!!
鷹尾の友人“いい人”木島の恋も収録。
via: 電子貸本Renta!

 

本編【悪だくみにも花はふる】と
木島クンの【線路沿い走る】の2編。

 

悪だくみにも花はふる

 

こちらは、恋まで百輪
虎二と小太郎カップル、
悪人を泣かせる方法
譲と鷹尾カップルのその後編です。

 

鷹尾が拉致られそうになって・・・
でも実は狙われていたのは
小太郎の実家の組の弁護士さん。

どうやら小太郎の実家(ヤクザ)と
係わりのあるカタギさんが狙われてる・・・

ついには虎二の花屋も
車に突っこまれて!

 

っていう流れと、
鷹尾・鶴美・虎二たち兄弟の
母親への心のわだかまり融解。

それから、譲の
鷹尾からの愛への不安問題が
とっても上手に絡んでいます。

 

すっごいなぁって思ったのが
ぜんぶスッキリさせてくれてること。

 

お母さんに会って
お互い泣いて許してとかっていう
ありがちなシーンはないんです。

でも、みんながモヤモヤを消化したのが
すごいみえてくる。

 

鷹尾が母親を見に行ったときの感想を
譲に話すシーンがあるんだけど
うまいよねー。
すごくわかる。この気持ち。

 

それだけ鷹尾も
愛されてるんだよね。
卑屈さから解放されたんだよね。

 

譲が大好きなあたしだけど
今作は譲の気持ちに同化しちゃった!

譲に愛されてる鷹尾が
うらやましいんじゃなくて
譲になって鷹尾を愛してしまったw

 

かわいすぎる!
そして不器用で守ってあげたくて。

やっぱり二人合わせて大好きデス!

 

虎二と小太郎
譲と鷹尾
それから、鶴美ねーちゃん夫婦

みーんな幸せそうです。
しかも、彼らの20年後が
鶴美の娘の結婚式シーンで登場!

 

鷹尾の指輪のシーンにはやられた!

 
20年経っても深い愛って
泣けてきます。

50歳は超えている二人。
とってもいい最後でした。

 

線路沿い走る

 

なにが素晴らしいって
悪人を泣かせる方法
脇を固めていた木島クンにさえ
すっきりとした最後を用意してくれてたこと!

 

誰にでもいい顔して
とってもいい人な木島クン。

いい人=あたしだけ特別にはなれない

ってことでいつも振られてきた。

 

木島自身もわからないんだよね。
この人だけのためにとかってのが。

 

そんな木島が初めて恋に落ちて
色々気づくわけです。

たぶんウザイくらい過保護で
構い倒されるだろうな。
立花くん。

こちらもとってもいい終わり方。

 

鷹尾とも友情が続いてる様子が見えて
ほんと全部が最後にふさわしい!

 

とっても好きだったシリーズ。
楽しませてくれてありがとう!

 

悪だくみにも花はふる

悪だくみにも花はふる

悪だくみにも花はふる

[著]雨隠ギド

↑の「0円サンプル」を押すと中身チェックの立ち読みページが開きます。

 

さすが断れずに
膨大な数の女の子と
Hしてきた木島クン。

やっぱりあのまま終わってたら
ただのダメ男だもんねww

やるときはやるってやつだもんね(笑)

 

*******

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。